活性酸素を減らして健康なカラダをつくろう~カラダ作り計画~

運動

若さと美しさを保つ鍵だ

中年の男性

増え過ぎると良くない

活性酸素は適量であれば身体に悪いものではありません。ばい菌や細菌から細胞を守る働きを持っているからです。適量を超えて増え過ぎると健康や美容に良くない事が起こってきます。毎日普通に生活しているだけでも活性酸素は作られます。活性酸素が作られる原因はいくつかあります。ストレスや紫外線、食品添加物などが原因として考えられます。また喫煙も良くありません。受動喫煙でも同じような影響を受けます。アルコールも適度なら問題ないのですが過度になると原因となります。基本的には身体に悪影響のある状態や飲食物が活性酸素を作り出すと言えます。運動は身体に良いイメージですが激しい運動も良くありません。呼吸によって取り入れた酸素からも活性酸素は作られます。激しく運動すれば呼吸数も増えますから活性酸素も増えてしまうのです。

やはり毎日の生活が大事だ

まずはバランスの良い食生活と規則正しい生活が大事です。健康や美容で問題が起きた時はこの二つを心がけると改善する事がほとんどです。活性酸素においても同様です。食生活ではビタミンCやEを取る事を心がけましょう。これらの栄養素は抗酸化作用が高いからです。果物やナッツ類などを毎日の食事に取り入れると良いです。女性は美容の為に紫外線対策をしている人は多いです。しかし涼しい季節や天気が悪い時はおろそかにしがちです。家事で忙しい時少しの時間だけだからと言って無防備にベランダに出ている人も少なくありません。どんな時も油断せず紫外線から肌を守りましょう。運動による健康効果やストレス解消効果は確かにあります。激しい運動は活性酸素の原因になりますが軽い運動なら抗酸化作用を高める働きがあります。身体に大事な活性酸素ですから増やし過ぎず適量を保ちましょう。そしていつまでも若く美しくいる事を目標としたいものです。